基礎代謝を上げるためには、継続可能な自分にあった運動を探すことからはじめよう。
あたなが昔やったことがあるのはどんなスポーツだろう。またやってみたいと思っているのはどんなスポーツだろう。友達で、何かスポーツをやっている人はいないだろうか。市町村の広報や、新聞広告の中にきっかけがあるかもしれない。

時間はどれくらい割くことができるか。あなたの今の生活の中で、わざわざ運動する時間を作ることは難しいかもしれない。スポーツは苦手かもしれない。そんなときは、運動とは呼べないかもしれないが、日常生活の中で体を意識して動かすという方向で考えてみる。

まずは、通勤。職場までの交通手段を考えてみる。電車を利用している人は、一区間自転車や徒歩にできないか。車通勤の人は、わざと少し遠い駐車場に変えてみる。

朝、早めに出勤したら、窓をあけて社内の掃除を進んでやる。自分の机を整理したり、使い捨ての紙雑巾でパソコンまわりを拭くだけでも違う。昼食を社内ではなく、外食や屋外でとるようにするだけで歩く距離も増える。来客があったら、率先して席を立ってフットワークを軽くするようにする。会話は、なるべくハッキリ大きな声で話そう。基礎代謝をアップさせるために、コツコツ細かい部分にも気をつけて体を動かすようにする。

もし、あなたが主婦だったら、家事の中で体を動かすことを意識しよう。掃除を有効に利用しよう。掃除機だけの掃除では、基礎代謝はアップしないので雑巾を使ってみよう。お風呂掃除も塩素系洗剤の量を減らしてブラシで磨いてみる。

あなたにできる運動とは、あなたがやっていて楽しいこと。楽しくない運動は続けられないから、自分の生活を見つめてできることから手をつけて行こう。また、仲間を見つけるのも大切だ。一人では続けられないことも、誰かに自分がやった努力を話すことで続けられる。